一般社団法人 山形県放射線技師会

The Yamagata Association of Radiological Technologists

トップ >> 事務局 >> 代表理事 挨拶


代表理事 挨拶


 


一般社団法人 山形県放射線技師会
代表理事 児玉潤一郎  
 

 山形県放射線技師会は、山形県内に勤務あるいは在住する診療放射線技師の会です。診療放射線技師の仕事は、主に、病院・診療所などの医療機関において放射線を用いた検査・治療を行う仕事で、他にも放射線を使わないMR・超音波検査や眼底カメラなども放射線技師の業務です。では、山形県放射線技師会の役割は何か?
 

 医療の現場は日進月歩、常に新しい検査や治療法が開発、発表されています。放射線技師の領域でも同じです。学会・研究会などに積極的に参加し、新しい技術の習得に努める必要があります。技術雑誌などから知識を得ることも重要です。放射線技師会の役割の一つは、会員に対する新技術習得のサポートだと考えます。そのため分科会による研究会や各種セミナーなどを企画し、情報提供に努めていきます。また、会員同士の情報交換も重要と考えています。現場でどのような対応をしているのか?山形県内という狭い範囲だからこそできる情報共有を、積極的に進めて行きたいと思います。
 

 もう一つの役割は、社会への情報発信です。東日本大震災による原発事故以来、放射線への関心が極めて高くなっています。患者様から、被爆について質問されることも増えたのではないでしょうか?県民の皆さんに医療被曝の安全性や各種検査・治療について情報発信し、放射線技師の業務を知っていただくことも技師会の役割と考えます。
 

 この度、定時社員総会において代表理事に就任しましたが、各理事の皆さんと共に、これらの役割が円滑に遂行できるよう、会の運営に努めて参ります。会員の皆様、ご協力の程、よろしくお願い致します。